不動産投資の基本的な考え方②

こんにちは。チンアナゴです。

タクシーに乗って移動していたら、パンクしてしまいました。

パンクするというのは2回目の体験になります。

ベトナムでは、よくある現象なので、慌てずシレッ~っと降りて次のタクシーを拾いましょう(笑)

今日は、前回に引き続いて不動産投資の基本的な考え方②についてお話ししたいと思います。

~~~待ってたとかそういうんじゃないんだから!たまたま見に来ただけなんだからねっ!・・・という方は下をポチっとおしてランキングアップに協力してくださいませんか?どうぞよろしくお願いいたしますm(__ __)m


不動産ランキング

②不動産を買う

『不動産を買うのに不安な気持ちありませんか?』

僕はありました。

『不安』とは、恐ろしいものに脅かされているという感情です。現実に恐れる対象がはっきりしている『恐れ』とは異なり,その原因は本人にも明瞭でないときに出現します。

大きな借金が不安、不動産屋がだましてきてないか不安、値段が相場より高くないか不安、修繕費がいくらかかるか、税金がいくらかかるか、諸経費がいくらかかるか不安、銀行融資が出るか不安・・・

お金持ちになることへの不安、メガ大家になって職場にばれるのが不安、それが原因で職場を退職、その時に可愛い○○さんと美人な▲▲さんに同時に告白されたらどうしよぅ?・・というのはさすがに冗談ですが、たくさんの不安があると思います。

ここで、こと不動産投資の不安な気持ちは全て解決可能だということを伝えたいです。

なぜなら不動産投資という対象があるので突き詰めて考えれば、対象物のない不安を感じようがないからです。もちろん、対象物のある恐怖を感じるということはあるかもしれません。(例:妻に内緒で不動産投資→『妻に不動産投資がばれる』のは妻という対象物があるので恐怖です。不安ではありません。内緒はやめておきましょう。)

例えば、

大きな借金が不安

⇒大きな借金は具体的じゃないので、具体的に1億借りて毎月50万の支払いすることを考えます(※)

⇒毎月50万返すには家賃収入がどれだけあれば安心か考える

⇒家賃収入は100万あったら大丈夫。根拠は?

⇒入居率80%でも支払える。税金も考慮しよう(固都税を月割すると5万か・・法人税は所得の30%くらいとして計算しよう)将来の修繕を見越して積立金も考えよう(1坪あたり500円/月くらいみておきましょう)・・・・それでも月々のキャッシュフローは最低10万プラスになる。

大きな借金が不安なのではなく、借金して買う物件の条件が一定を超えていたら大丈夫なんだと気づくことが出来る。

不安をノートに書いてください。それを解決するために知らなくてはいけないこと(疑問)をそれぞれ書いていってください。

疑問に感じたところは、他の不動産投資ブログをみたり、本を読んだり、税理士のホームページをみて調べるのは良いと思います。

ここのコメント欄で質問してもらっても大丈夫ですよ(*^^*)

 

しかし、根本的にあなたが何を不安に思っているのか、何をもって不安がなくなるのか?

の答えはどこにも書いてありません。人によって不安に思うことが違うからです。

また、不安が無くなる具体的な根拠も人によって違います。前の(※)の部分で、感覚的に月給350万なので月50万なら返せるな⇒終了・・1億借金しても大丈夫ダァ!という人もいます。不安が無くなるまで自分を掘り下げてください。

↑手を叩くと餌を期待して口をパクパクするコイのような人間になってはいけません。

不安を不安のままにしない。

これだけはあなたがあなた自身   で必ずやらなくてはならないことです。

 

(;´・ω・)本音で語りすぎてしまった・・。次こそYG(イールドギャップ)=(FCR-%K)みたいな話をします。気合入れて書いているので応援ポチっといただけると嬉しいです。

 


不動産ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です