AgrelloのICOに参加してみました

みなさん、こんにちは。

ちんあなごです(*^^*)

ビットコインも順調(?)にハードフォークして、仮想通貨界も落ち着きを取り戻した今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

私は、ベトナムのダナンというところに旅行へ行っていました(^^ゞ

ダナンはベトナムの中部最大の都市で、近くには世界遺産のホイアンや、昔の王宮があったフエがあります。

 

↑ダナンのビーチはこんな感じです(^o^)

成田から直行便も出ていますので、日本からも訪問しやすいです♪

港町なので海鮮料理もおいしかったです。こんな大きなシャコもいただいちゃいました(∩´∀`)∩

 

 

ダナンから船を出して沖合で釣りをしてみたところ・・・

 

20匹くらい釣れました(*^^*)大漁~♪

 

 

さて、今回初めてAgrelloICOに参加してみました。

Agrelloは、暗号化技術や法律の専門知識がなくても、スマートコントラクトを用いて法的契約を可能にするという特徴があります。

イーサリアムのプラットフォーム上で動く、LISKに似たものだと考えてもらって間違いないでしょう。

例えば、不動産登記の書類をAgrelloにより用意されたテンプレートを利用して必要な項目を埋めていくと、スマートコントラクトコードに自動的に変換され、それがブロックチェーン上に記述されます。

抵当権抹消手続きや、新しい所有者の個人情報、役所の公認、印紙の購入などスマートコントラクトが執行される条件を満たしたとき、暗号通貨(単位はデルタ)を支払う仕組みになっています。

また、その時に法的な文書も同時に生成されることになります。

他にも、テンプレートを開発してたくさんの人に利用されるようになるとインセンティブが発生して、暗号通貨が支払われるのです。

これによりたくさんの応用法が考えられます。

例えば銀行融資や消費者金融の融資などに使えると思います。A,B,Cという書類を集めて、個人属性、家族構成、物件の情報を入れて、シュミレーションした後、融資金額が決まって、本部認証が下りた時に融資が実行される・・というテンプレートなんて作れそうです。

また、個人間の契約にも拡張できるでしょう。

賃貸契約や管理委託業務、AirBnBやレンタカーなどのシェアリングエコノミーにおける個別の契約などの契約場面においてAgrelloが使用できます。さらにブロックチェーン上に記録が残ることで改ざんが不可能となります。

こうして考えると、近い将来には、司法書士や宅地建物取引士を抜きに個人間の法的業務が進むことも考えられます。

↑Agrelloは、2017年8月6日時点で5911BTC(約18億円)も集めてます( `ー´)ノ

う~ん。ブロックチェーン技術が作る未来・・どうなるか楽しみです。

宝くじを買うよりは当たると思うので、興味ある人はまだ参加できるので調べてはいかがでしょうか?(*^^*)

 

次に参加するICOは、今話題のCOMSAにしようかなと思ってます。

日本初のICOを支援するCOMSAが、手始めに2017年10月2日にICOします:(;゙゚”ω゚”):ヤヤコシイ・・

興味ある方は、情報を得るのは完全無料なので、是非下記リンクから登録してみてくださいね(∩´∀`)∩

 

↓釣った魚はお料理してもらって、なんと!10万ドン(500円)。とにかく自分で釣った魚は異常にウマい!( ゚Д゚)(笑)仮想通貨ブログランキングに参加しています。もしよかったら応援ポチしていただけると幸いです。読んでいただきありがとうございました。どうぞよろしくお願いいたしますm(__ __)m


仮想通貨ランキング

ベトナムの食生活

みなさん、こんにちは。ちんあなごです(*^^*)

そろそろ、ベトナムに移住してもいいかな~っと思ってきた人いませんか?

さすがにまだいないですかね?(;・∀・)

↓少しでもイイかもっと思った人はポチッと押していただけるとモチベーションがアップします。

 


セミリタイアランキング

 

というわけで今回は『衣食住足りてトキメキを知る』BY大木教授ではないですが、食事についてお話ししたいと思います。

↑手前のさらにいっぱい入ってるのは、バインべオ。米粉の固まりの上に、豚の皮を揚げたのとナッツをまぶしてあります。専用のたれを上にかけてスプーンですくって食べます。奥の方にある生春巻きはフォークオンです。フニャっとした皮がくせになります。おいしいですよ♪(*^^*

ベトナム料理といえば、

フォー生春巻きバインミーバインセオバインべオブンボーフエ、バインカン、揚げ春巻き貝料理 などなど・・・

本当にたくさん種類があります。

ベトナムの主食は、日本と同じコメです。そのコメをつかって、米粉を麺にしたり、薄くのばして生春巻きの皮にしたりします。

また、中国に隣接していることから、料理でも炒める、蒸す、煮るなど中華の手法が取り入れられており、チャーハンなど日本にもある料理が多いです。

さらに、フランスの植民地時代もあったためパンもおいしいです。あとからトッピングする方式なので、スパイス、香草が嫌いな人は入れないこともできます。

↑ベトナムは食のシルクロードと言っても過言ではないです(・∀・)キリッ

 

ところで、いくら料理がおいしいといってもお店に行くのは面倒ですよね?

僕も典型的な日本人なので、知らないお店に入るのって少し勇気がいるんですよね・・

お金いくらかな?メニューあるかな?

どうやって注文するの?

ゲッ?この店ババッちくない

ローカルのベトナム人が腹出して座ってて入りにくい・・・とか細かいことが気になります(;・∀・)

!!!ここで、いままでの価値観をひっくり返す㌧デモ情報があります。!!!

実は店に行く必要がありません。ベトナムでは、お家で待ってるだけで届けてくれる宅配サービスがあるのです!

これが、Vietnammm(ベトナム エムエム)というアプリです。

このアプリをインストールすると、多くの店から出前が取れます。面倒なこともなく料理をタップして注文するだけ。

最低いくら以上買わないと届けてもらえない・・・という縛りがお店によっては存在します。しかし、1000円分も注文すれば必ずデリバリーしてもらえますので安心してください。

お家の住所を一回登録しておけば、次から入力する必要もありません。

『頼みたいと思ったときには、すでに頼んでるんだぜぇ~!!』

・・・と、プロシュート兄貴ばりに、ものの数秒でオーダーを完了させることも出来ます。

↑これがvietnammmで注文したハンバーガーと飲み物です。料金は19万ドン(950円)でした。

これを応用すると、3食出前をとって家から一歩も出ずに生活することも可能です。

トレーダーさんや、引きこもりさんにも優しいこのシステム。

言語やコミュニケーションの問題も一切心配無用。

みなさんもベトナム移住も視野にいれてみてはいかがでしょうか?(^^ゞ

 

不動産投資でリタイアする方法も教えろよって方は下のバナーをクリックしていただけると幸いです。みなさまからのコメントお待ちしております。

 


不動産ランキング

ベトナムの住環境

みなさん、こんにちは。ちんあなごです(*^^*)

今日は、ベトナムでリタイア生活を送る際の、おウチの選び方をお伝えしたいと思います。必然的に家にいる時間が多くなると思いますので、それぞれのライフスタイルにあった素敵な住まいを見つけてください(^^)/

ベトナムで日本人が住める場所といえば、アパートやルームシェア、現地ローカルの住まいにホームステイ的なものもあります。しかし、ここではリタイア生活に絞って物件を考えてみたいと思います。そうするとやはり二つしかないのではないでしょうか?

①コンドミニアム②ヴィラの二つです。

①コンドミニアム

コンドミニアムは日本でいうタワーマンションと思ってもらって良いです。豊洲や六本木に建ってるアレがホーチミンにもたくさん建っています。

高層のマンションにプールが付いているのが一般的です。

ここで、お手伝いさんを雇います。毎日来てもらっても良いですし、週3回でも大丈夫です。一回あたりは2~3時間くらいで、掃除、洗濯、アイロンがけ、ちょっとしたお使いなどをやっていただけます。料金は週三回で2万円(150USD)いかないくらいです。

他人を家に入れるのはちょっと抵抗がありますが、慣れるのは早いと思います。僕は1週間で慣れました。もし僕が専業主婦でお手伝いさん生活をスタートしたら・・・・速攻堕落すると思いますので、男性の方はその辺も勘案してお手伝いさんを雇った方が良いかもしれません(;・∀・)

洗濯物も取り込まないし、料理もしないし、自分のお尻も拭かない嫁が生成されますYO・・・( ゚Д゚)

コンドミニアムの中でも家具付きで毎日お手伝いさんが来て、洗濯・掃除・ベットメイキングまでフルサービスでやってもらえるものもあります。ホテルに宿泊したときのようなものだと思ってください。

こちらは、サービスアパートメントといいます。好立地な場所にあることが多く、駐在員さんがよく住んでいらっしゃいます。半年とか一年契約もできるので短期的にリタイア生活試してみようかなという人に向いています。

↑上の二つの写真のコンドミニアムは、170㎡で月の家賃が20万くらいです(*^^*)

サービスアパートメントは都心(1区)にあると、120㎡で月の家賃は35万くらいになります。

②ヴィラ

ヴィラは、庭付き一戸建てです。プールが付いてるのもよくあります。

こちらはお手伝いさんに加えて警備員さんも雇います。

ホーチミンでいうと2区という地域にたくさんあります。ただ、これが家賃が高くても物件がしょぼかったり、家賃は普通なのに物件が良かったりと、値段と物件の価値が比例していません。

なので、たくさん見て回って良いものを探すことになります。運も必要です。僕もヴィラ生活に憧れて10数軒見たのですが、あまり希望に沿うものはありませんでした。庭が広いときれいに維持するのも大変そうです。ガーデニング好きの人には良いかもしれません。ただ暑いので、熱中症に気を付けてくださいね( ;∀;)

大体400㎡~600㎡の小ぶりのヴィラで月の家賃は40~60万くらいです♪

僕は、中心部から少し離れた(1区まで車で10分ほど)広々としたコンドミニアムを選んで、お手伝いさんに週3回来てもらって生活しています。家賃と水道光熱費、ネット、テレビ(日本のテレビみれます!)、お手伝いさんの料金をすべて入れて月33万円です。

あなたもホーチミンでセミリタイア生活してみませんか?

 

ベトナムの住環境について、みなさまの参考になればうれしいです。聞いてみたい事、質問などありましたら気軽にドンドンコメントください!(*^^*)

↓ブログランキングに参加しました。カテゴリーは不動産とセミリタイア生活です。ポチっと押していただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

セミリタイアランキング

ホーチミン移住で時間リッチ

こんにちは(*^^*)

ホーチミンに移住して来ました!やわらかチンアナゴです。

家のシーリングライトをはずして掃除しようと思って触ったら、天井の電球ごとドシンッと落ちてきました。建物の作りが甘いのは、ベトナムあるあるでしょうか?(笑)

実は今、とってもワクワクしています(*^^*)

自由な時間がたくさん増えました。自由な時間がたくさん増えると様々なことを考える時間が出来ます。

<例えば、僕が不動産投資を始めるときのこと・・・>

その当時は、日常の業務や仕事のプライオリティが高くて、自由になる時間が少なかったです。

そうすると、少ない時間では考えがまとまらないがゆえに、あらゆることを先延ばしにする傾向にありました。

少し考えては、『不動産投資はやったほうがいいなぁ・・』でも次の瞬間には、『明日までには最低限ここまで仕事をやっておかなきゃ』等と考えるようになっていました。

ぶつ切りにされた思考だとなかなか前に進まず、時間ばかりが経つようになってしまいます。

不動産投資に限らず、何かを新しくはじめるにあたって、まず一つ言えることは『自由な時間をつくる』ことが大事ということです。

自由な時間を作ってまとまって考える時間を確保する』ということが、なにより近道です。

こんなこというと、

忙しくて時間が無いから不動産投資で経済的自由を達成して、自由な時間を得るんだ!と思う人もいるかもしれません。

実際、僕もそう考えてました。

仕事がとても忙しい・・・

→働かないで自由な時間が欲しい、お金も欲しい

→楽してお金が稼げないものか?

→そうだ!不動産投資で不労所得(?)だ!

、旅行しまくるわぁ~・・・

こんな思考回路でした。

え・・・?僕だけですか?(;・∀・)

でも、ある時それはだということに気づきました。

時間がない時にこそ、時間を作って何をやるのかを決めることが大切なのです。

時間作って熟慮を重ねて自分のブレない軸を作って行動に移す。これが物事を成し遂げるための近道です。それに気づいてからは物事を成し遂げるスピードが速くなりました。

僕がホーチミン移住を決意したのもそういう思考の延長線上です。

日本にいると居心地は良いのですが、人間関係や仕事や誘惑が多いです。

お友達に飲みに誘われたり、可愛い女の子とご飯いけるとなったら浮き足立ったり、股間がモッコリそそり立ったり、結局自分の時間が人に取られてしまいます。

現状を変えて何かを成し遂げると決めたら、自分の時間を整理して空ける努力をしてみるのが良いんではないかなと思う今日この頃です( `ー´)ノ

 

ここだけの話、セミリタイアランキングに参加しています。ブログへのコメント大歓迎です。気軽に気軽に・・・(^-^;

↓股間がモッコリする人はクリックお願いいたします。


セミリタイアランキング